HiroのブログVer2.0

アクセスカウンタ

zoom RSS えー本当?@ドラクエWii独占供給

<<   作成日時 : 2006/05/11 16:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

さて、E3も本番に入って来ました。先日書いた記事に続いて、今日はこれです。

スクウェア・エニックス、E3プレスカンファレンスを開催
PS3、Wii向けの新規タイトルを複数発表
「FF XIII」はPS3向けに、「DQ」最新作はWiiに投入


まあ、おおよそ予想していたとおりの内容だった「スクウェア・エニックス」のプレスカンファレンスでしたけど、ただ一つ俺の予想していなかった事実が明らかになりました。それが今日の本題であります「DQ、Wii独占供給」というものです。

その前に、そもそも「Wii」ってのは何か。これは、任天堂が発表した次世代型の据え置き式ゲーム機で、今まではコードネーム「レボリューション」と呼ばれていたものです。(この機体については別の記事で書くことにしましょう。)

その「Wii」に、ドラクエを投入すると発表した「スクウェア・エニックス」。これによって、FFを投入する「PS3」とDQを投入する「Wii」とに棲み分けを行うつもりなんでしょうか。俺はそうは思っていません。

まず、今回のブリーフィングで発表されたDQが所謂「ナンバータイトル」ではないこと。もし本気でスクウェア・エニックスがDQをWiiで展開しようと考えているのなら、たとえ何一つとして開発が進んでいなくとも「ドラゴンクエスト\」を投入するとしていたでしょう。しかし、今回のブリーフィングではそうではなく、スピン・アウト作である(そしておそらくは失敗作であろう)剣神ドラゴンクエストの後継作を投入するとしています。

次に、エニックスの基本戦略が、「最も普及したハードで展開する」というものです。

これは、ドラクエが登場した当初から貫かれている戦略で、それ故にファミコン以降の次世代型ゲーム機の動向に大きく影響するものでした。最も有名なのは「DQZ」の動向が不透明だった頃、「DQZ」は果たしてPSなのか、それともセガ・サターン(以下SS)なのかが喧しかったのですが、突如としてエニックス(当時はまだ合併前だった)は、「DQZ」をPSに投入することを発表しました。これが当時覇権争いをしていたPSとSSの対決に決定打となったことは俺の記憶に新しいところです。

こうしてみると、まだまだ予断は許さないものの、ドラクエ本編はしばらくの間、どちらのハードになるか分からない、というのが俺の結論です。

追伸:両方のハードで出すってのは無しですかねぇ?今まで独占供給だったから、それはないかなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
きのうは記事みたいなblogー!
さて中とろはHiroとここでHiroは記事にblogー!
さてきょうHiroで、本番blogしたかった。
BlogPetの中とろ
URL
2006/05/12 12:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
えー本当?@ドラクエWii独占供給 HiroのブログVer2.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる