HiroのブログVer2.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 世間の厳しさを教えてあげれば〜?

<<   作成日時 : 2006/02/04 00:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

乗り過ごし受験生救う 三鷹駅 JR東が温情停車

ここ数年、どこかしらで起きるこういったこと。

いつだかは、新幹線を止めたこともあったように覚えていますけど、今日のネタは、これについて。

結論から言うと、こんなの言っちゃ悪いが単なる「自分が悪い」の一言で片付く問題。規定通り、新宿まで列車を止めるべきじゃないと思います。

幼稚園児じゃあるまいし、仮にも大学受験をしようって高校生が、こんな事をしちゃいけません。きちんと下調べをしなかった彼女が悪い。この場合で言えば、特急が八王子の次は新宿までどこにも止まらないことは、駅のどこかしらに書いてあるだろうし、(まずないだろうけど)何処にも書いてなかったとしても、最悪自分で調べれば済むことです。何せ、今回は単なる旅行なんぞではなく、大学受験なんですから。

その上で、しっかり計画を立てて、何処で乗り換えをしなければいけないかを把握して、電車に乗るべきなんです。ましてや、信濃大町から立川なんて結構な距離の移動なんですから、ちょっとした計画のズレで、予定が大幅に狂ってしまうことも考慮すればなお良いでしょう。

そういった計画もしないで、(しなかったからこういったことになったのだろう)乗り過ごしに気付いて、車掌に泣きつく(記事では"相談"としてあるけど、実際はこうだろう)なんて、およそ高校生のすることじゃないと思います。こういうときは、毅然と本来のダイヤ通りに運行すれば良いんです。その方が彼女にとっても良いことになると思います。

世の中には、自分の思い通りにならないことなんて腐るほどあります。むしろ、そっちの方が多数です。そういった"世間の厳しさ"を、身をもって知る良い機会なんじゃないかなぁ、と思います。泣こうが喚こうが、この特急は八王子を過ぎたら新宿まで止まらない、それがたとえ大学受験を控えた高校生が乗っていようと、急病人でも出ない限り絶対止まらない、乗り過ごしたとしたら、それは自分が悪いんであって、誰も恨むことが出来ない。それが世の中ってものだと思うんです。

俺だったら、間違いなくルートを調べて、今回のケースで言えば八王子でちゃんと乗り換えて、立川に向かったでしょう。それが、俺の思う「普通の人」の感覚だと思うんですが。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世間の厳しさを教えてあげれば〜? HiroのブログVer2.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる