HiroのブログVer2.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 高校時代のおもひで。

<<   作成日時 : 2006/01/15 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

何となく、この週末に部屋の掃除をしたら、高校の卒業アルバムが出て来ました。それとなく眺めていたら、ふと懐かしくなって、こんなエントリーを作ってみました。


1.三課程が同居していた。
一般的な高校では、「全日制」という午前9時頃始まって午後4時頃終わる時間帯にしか生徒がいないものですが、俺の通っていた高校は、その他に午後5時頃始まって午後9時頃終わる「定時制」と、週一回のスクーリングと定期試験以外は自宅で学習する「通信制」の3つの課程が同居していました。普通は「全日制」のみか、せいぜい「定時制」か「通信制」のどちらかがあるだけなんです。これは、俺の住む神奈川県内でもかなり珍しい学校でした。

2.机やいすが共用の可能性がある。
上に書いたことに伴うものですけど、教室が「全日制」と「定時制」で共用でした。だからでしょう、机やいすが自分専用ではありませんでした。よくあるのが、机の中に教科書やノートを仕舞いっ放しにして落書きされるならまだ良い方で、ひどいとそのまま行方不明になることもざらでした。ですから、一日の終わりに、必ず自分のロッカーに教科書などをしっかり仕舞った上に、鍵まで掛けて帰らなければならなかったんです。

3.学年に6クラスしかなかった。
1.に関連したことでもう一つあげるとしたら、人数が少ないことでしょう。一学年に200人強しかいないんですから。普通なら、一学年11とか12クラスあるんでしょうけどね。一クラスの人数は何処も大体40人程度でしょうから、この位のクラス数に落ち着くんでしょう。だからといって、同級生のつながりが強いかと言えばそうでもなかったりする…。

4.当時珍しかった「家庭科」があった。
今の単位構成では珍しくもないのでしょうけど、俺の通っていた当時は、2年生になると「家庭科」の授業がありました。ですから、一学期は裁縫で「エプロン」を作り、二学期には作ったエプロンを使って「調理実習」をしたりしました。三学期は座学だけでしたが、それでも当時は他の高校に通う友達からはずいぶんと珍しがられました。

5.繁華街に近かった。
これは単純に、市内にある他の高校との位置関係に起因します。何せ他の高校はバス使って最寄り駅に行かなければならないんですから。その点、俺の高校は徒歩で15分という立地条件の良さ(?)です。何処へ遊びに行くにせよ、たいていの場所へは他の高校より早く着くことが出来ました。だから、例えばマックやミスドの席取りが非常にスムーズでした。このおかげで、実際3年生の時は放課後速攻で友達とミスドに行き、だらだら過ごしていたものです。(ある時、だらだらし過ぎて夜9時頃になってしまい、友達を駅に送っていったら先生に見つかってしまったこともあったっけ。)


その他にも、同じ高校に通う同級生の一体感がどこか欠如しているようで、それでも極端に不良のたまり場的な高校でもなく、良い表現だと「牧歌的」、悪く言えば「だらだらした」高校だったような気がします。あ、そうだ、校舎の高い位置からラブホが見えたんだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
高校時代のおもひで。(ダークサイド)
やる気になると、連投も厭わなくなるのが俺の性分であります。さて続きましては、前回書いた「高校時代のおもひで。」のダークサイド版です。 ...続きを見る
HiroのブログVer2.0
2006/05/29 22:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
しばらくぶりです。

確かに三課程あって机やイスが共用ってのは珍しいかもしれませんね・・・私の高校は全くの普通でした。

ウチの高校のすぐ裏は某競技場と某野球場があったので、土曜の放課後にイースタンのデーゲームとか観に行った記憶が(^^;
ちなみにまだJリーグはまだ始まる前でした。
ASA
URL
2006/01/17 23:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高校時代のおもひで。 HiroのブログVer2.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる