HiroのブログVer2.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 靖国参拝に思うこと。

<<   作成日時 : 2005/10/19 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小泉首相が、もはや恒例と言っていい靖国神社参拝を行われました。今年は、秋の例大祭に参拝されたのですが、これについて個人的意見をいくつか。

その前に、俺の基本的立場をはっきりさせておかなければならないと思うけど、俺は、首相の靖国参拝は大いに結構なことだと思っている。それは、俺が右打ちだから、ということだけではなく、他にもいくつかある。

一つめは、この国を守り、尊い命を戦地で散らしていった英霊に対し、心からの哀悼を表し、その霊を慰めることは、現代日本に生きる我々にとっての責務であると思います。まして、その国の代表者たるものが率先して行うことに、なんの躊躇いがあるというのでしょうか。

ここで思い出したのは、俺の父方の祖父が亡くなったときに、いらして下さったお坊さんの「我々は、ご先祖様がおられたからこそ、ここに生きていられるのです。」という一言。これを聞いた当時中学生だった俺は、その一言に何一つとして反対するようなことは思い浮かばなかったし、現在でも出てこない。

次に、よく言われる「支那や韓国、北朝鮮(最近では、この三国を指して「特定アジア」なんて表現をネット上に見かけます、俺もこういった問題をブログに書くときは、この三国をこう記していこうと思っていますが。)からの反発がある」というのがあります。これこそ、一笑に付すべき事柄だと思います。

そもそも、特定アジア(←早速使ってみた。)の政府が行っている「反日キャンペーン」には、自国の政策等に対する不満を外に向けさせる目的があるような節があります。今回のことを受けて、早速中国ではあんなことや、こんなことを言い出していますけど、肝心の支那国内では、大して報道されなかったそうな。

そこいくと、台湾の李登輝前総統は、とーってもまともに対応している。
「よかった」と李登輝前総統 小泉首相靖国参拝
これが世界の常識であって、俺の言いたいことを端的に表していると思います。

これらをふまえて思うのは、今後のことです。

というのも、ご存じの通り小泉首相は来年9月の総裁任期切れを持って首相を退くと明言しているんです。となれば、首相が来年交代するわけで、次に首相になった方が、この路線を継いでくれるか心配です。もしかしたら、支那あたりはその辺も見越していつものように大規模な報道をしなかったのかも知りません。

個人的には、ことあるごとに首相が靖国神社に参拝しまくってくれることを願っているんですけどねぇ。そもそもこんなに大きく報道されることがおかしいと思っています。そのうち新聞なんかにある「首相の一日」みたいなすげー小ちゃな記事に一行ちょろっと、靖国神社に行った事実だけ書いてあるくらいになるといいなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
靖国参拝に思うこと。 HiroのブログVer2.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる