HiroのブログVer2.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽天とか村上ファンドとか

<<   作成日時 : 2005/10/15 00:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今世間を騒がせている、楽天対TBSとか、阪神対村上ファンドとかについて、個人的に思うことを少々。

この問題はいずれにしても、TBSや阪神の方に理がないと思う。なぜなら、株式を上場している企業である以上、どのような株主が現れても、それが合法的手段で取得したものであるならば、企業側としては受け入れる義務があると思う。

もしそれが嫌で、限られた株主、言い換えれば現在の経営陣の見知った企業や個人にのみ株式を保有してもらいたいなら、上場なんかしなければいいのである。

ここで、俺を含め多くの日本人が勘違いをしているのが、「上場している企業が一流企業」という誤解である。上場とは、そもそも一般に広く株式を公開することで、資金調達をしやすくする制度であって、有名企業の顔見せの場なんかではない。資金を調達する手段が別にあれば、株式の公開をする必要がないのである。

それを勘違いして、上場しなければ一流企業ではない、といった考えがどこかにあったのだろう。阪神はともかく、TBSのように上場の必要性を感じない企業まで上場するからこのような結果を引き起こしたのではないか、と思う。

こんなこと、今年の初めにあったライブドア対フジサンケイグループの時にさんざん言われていたことなのに、それを放置した結果ではないか。(あのときと今回は多少違うけど。)

さらにつっこんで言うと、俺自身、メディア企業は上場なんぞしない方がよい、と思う。というのは、「株式会社は株主のもの。」と「メディアは公正公平であるべきもの(とても今の日本メディアはそうではないけど)。」という前提に立って考えると、誰か意図を持ってそのメディア企業の公開された株式を購入すれば、株主に意向を反映させたもの(テレビやラジオ、新聞、雑誌等)になってしまい、公正公平が保たれなくなってしまう。その点において、メディア企業にとって、株式の上場は、危険なものである、と思う。

いずれにしても、この対決の行方、我々のような単なる株式ド素人は、周りで見て楽しんでいましょうや。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽天とか村上ファンドとか HiroのブログVer2.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる